Roland FA06

Rolandfa600.jpg

そんな訳で無事到着しましたFA06。
(6って数字は何かRockでかっこ良いよね ←こじつけ)
で、早速箱から出して、demoなど聴いておりますが、
まあ一生掛かってもこんなイケてる音源など、
私には作れまへん。
てか、生まれ変わったら絶対フュージョンやりたいわん。

早速ちょっと触ってみた感想は、
Korgのオールインワンとは全然、
シーケンサーの作りからして違う訳でして、
どっちが悪いかとかじゃなくて、
慣れるのに時間が掛かりそう、と言うか、
齢50の私に、使いこなせるのでせうか?神様(泣)
最悪ピアノの弾ける娘二人のどっちかに譲るとか、
出来るなら少しは安心だけど、
二人ともピアノの練習に嫌気が差して、
揃って高校生で辞めてしまった口だし、
音楽聴くのは大好きだけど、作る気は無いどころか、
楽器に触る気も無く、
長女にはミニギター貸してやってるのに、
すぐさまFで挫折してしまい、
おまけにカポさえ買うの勿体無いとか、
(勿論チューニングはスマホのアプリ)
K-POPの高いチケットは買えても、
派手な道具は買わない。
一日中スマホ弄って、せいぜい配信動画とか見て、
それで満足しちゃうって、何か虚しい気がするのは、
私だけ?私だけ?
最初はこんな無駄遣いしちゃって(この先死ぬだけなのに)
何でこんなに自分は馬鹿なんだろうと思ったけど、
機材のボタン触っているだけで、胸がギュンギュン騒ぎ出すし、
こう、新しいテクノロジーの塊って感じじゃないすか?電子楽器って。
(スマホからの読者様の為に、
 出来るだけ改行早くしたいんだけど、難しい)
ここ数日は、長きに渡ってほったらかしてあった、
このBlogのコンテンツ整理とかに勤しんでいたんですが、
まあ前の文章(10年前のとか)読むと、
長過ぎるし、馬鹿っぽいし(今はもっとか<笑)
自分は恥をかくために生まれて来たんだなと、
そして未だに此処で恥の上塗りをして行くからには、
もっと良い音楽を作らないと(何でそうなる)
まあ、耳はもうどうにもならない不調なので、
調子に乗り過ぎない程度に何とか気持ちを抑えつつ、
暫くはFA06と、格闘じゃなかったランデブー
(好き好き音が出るものは何でも好き<笑)しますので、
ぬる~い目で見守って下さると、大変助かりまふ。