Quantize《クオンタイズ》の謎が解けた!

oto200.jpg
今日は何だか先行き不透明な、新曲「逃亡論者」をほったらかして、
M50と共にデータが吹き飛んでしまった「CASABLANCA」の方の、
打ち込みをしていたのですが、この曲実はRed Velvetのパクリっぽくて、
一番似ているのはリズムなんですが、この手の曲、
前のM50(シンセサイザー)でも非常に打ち込み辛くて、
クオンタイズ掛けても何かリズムがすっきりしなくて、
それは私が音楽の素養ゼロで適当に機材を、
操作しているのが悪いんですが、
「気づいちゃった気づいちゃった気づいちゃったよ~」(デカちゃん風)

このままじゃあかんと、打ち込んだデーターの拍子を変えようとして、
FA06のボタンを探してみたんですが、どうにも見当たらなくて、
仕方が無いので、PDFのお世話に(一々面倒くさいけど)
ローランドでは拍子の設定(変更?)は、
「Time signature」って言うんですって、奥様~と、
大体「Song UTIL」とかの略表記も、察しの悪い私は、
結構苦手で探すの大変だったりするんだけど(字も小さいしね<泣)
今日は前からの謎が解けたから、まあいいや(笑)

ちなみに曲はこんな感じのリズムなんですが、
Red Velvet (Peek-A-Boo)' MV
シャッフルでも無さそうだし、ゴリゴリの三連符でも無いし、
でも誰にも聞けないじゃないじゃないですか~(泣)
と言う訳で、覚束無い完全リアルタイム録音で強行していたんですが、
試しに今日4/4拍子で入力していたデータを4/2に設定し直して、
1/16でクオンタイズ書けたらあら不思議、
データが倍に伸びたせいか、変な修正(どっちかに音符が寄る)事も無く、
非常にINテンポなデータになりました。

此処まで読んで気付かれましたでしょうが、
私の音noteは非常に度素人レベルなので、
出来ればまだ音楽始めたばかりの初心者の人だけ読んで下さいね。
恥だから(ポっ)