『逃亡論者』demo

onoriekologo01.jpg



逃亡論者/onorieko

この街の空気はもう汚れちまって
まるで僕ら魚のように息が出来ない
パクパク喘いで手足をバタつかせて
急浮上したら呼吸が止まる

深海魚のように 真っ暗な場所で
息を潜め耐えてみたけど
現状は更に酷くなって
日増しに死にたくなる

再び僕と君は出会う
薄汚れた記憶をそのまま道連れに
新しい時代を探し求め
片道しかないチケットを握りしめ
行こう 行こう

勇敢すぎる君と慎重派の僕二人は
足して二で割って調度良い具合だったけど
所詮水と油 経過と共にすれ違い
別々の答えを探し始めた

夢の色は甘い 甘くないのは現実
逃げてみても影は付き纏い
ギリギリと首を鷲掴みにして
日増しに死にそうになる

めくるめく時代を過ぎた後で
後始末出来ぬままこのまま滅び行く
どうせ終わるなら華々しく
どうせ散るなら潔く逃げるさ

再び僕と君は出会う
薄汚れた記憶をそのまま道連れに
新しい時代を探し求め
片道しかないチケットを握りしめ
行こう 行こう