夢で作曲

oto200.jpg
最近は突拍子のない夢ばかりみております私ですが、
皆様こんばんわ~(って寝てるか<笑)

もう最近はホトホト音楽作るのが苦痛になって来て、
どんなに続けても、ちっとも録音レベルは上がらないわ、
年も年だし、集中力が減って来てる分、たまに調子が良い日に、
頑張って作業続けてると、どんどんしんどくなって、
「あっもう数日は休もう」って感じで、
別に音楽続けて行かなくったって、死ぬわけじゃないし、
(昔は死ぬって言ってたが<笑)
Blogの更新さえ、頭が回らなくなっている分結構負担だし、
じゃあ何するのかって、全て放り出して、
すやすや昼寝するのが、心からの楽しみになっている、
情けない私なのですが。

てな訳で、いつものように布団の中でウツラウツラしていたら、
私が長女に音楽を聞かせようとしていて(勿論夢)
何故か買ったばかりのテクニカの白いヘッドフォンは、
バラバラに壊れちゃっていたんですが(象徴?)
パソコンの横のPreSonusのスピーカーの、
音量をどんどん上げて流れて来た音楽を、
「これ凄い良い曲なんだよね」などと、
それは爽やかなお兄ちゃんのボーカルだったんですが、
其処で隣の部屋の物音で目が覚め(眠りが凄く浅い)
まだ全然眠かったんで、目を瞑っていたら、
今度はその曲のサビがずっとグルグル回り続けて、
眠れないので寝るのは諦め、ガバっと起きて作ったのが、
今日(てか昨日)の『離別の歌。』なんですが、
夢ではもっと明るい歌詞だったような(汗)

そんな訳で、出来上がった曲は私とはkeyが全く合わなくて、
コード拾うにもメロディーと中々合致せず(割と珍しい)
仕方が無いので、その合わないkeyで組み立ててから、
歌詞書いた後移調してみたんですが、
やっぱり下の音出ないわなと(レンジが広すぎる)
歌詞をノートに清書してから、ギター弾きつつ、
メロディーと歌詞の擦り合せの作業をしていたんですが、
「え~それお母さんの曲?いい曲じゃん」
やったあ、高2の次女のお墨付き貰ったわと、
「でもちょっとkey合わなくて歌うの大変なんだ」って言ったら、
「じゃあ私が歌おうか?」って、
むむ歌詞このまま歌うとかなり無理があるので、
(だって離婚の歌だし<爆)
なんか違う歌詞にした方が良いよねって、
良く考えたらこの次女、上は私より出るけど、
下全然出ないんだった(汗)

昔レベッカで結構苦労した私ですが、
NOKKOはそんなにレンジ広くないから、
実は下げれば普通に歌えるし、
その頃は無理してでも歌っていたけど、
その人なりの持って生まれたレンジがあるので、
高音称賛の音楽は逆に、
音楽の魅力も歌い手の生命も縮めているだけで、
中国人みたいに凄え高音の持ち主(あっインド人もだ)
でもなければ、本来日本人て、
其処まで声高くないし、だから安室ちゃんも喉潰したし、
(全て小室のせいだ<笑)
まあ高音の方が耳に届きやすいし、
オケに埋もれ辛いって~のもあるんで、
其処は好き好きだが、今回の歌メロは、
明らかに自分の作らない領域なんで、
似たような曲があったら、速攻で教えてと、
次女には言って、それでも練習にはなりそうなので、
また明日からせこせこ作業をしたいと思っております。