籠池泰典氏が語る“森友問題の裏側


籠池さんの長い会見聞きながらうたた寝してたら、
寝込みを旦那に襲われそうになってヤバかった私ですが、
皆様こんにちわ(マジ別れなきゃ)

てか、自分がTwitterで色々書いていると
危ないから辞めたらと言われるし、
自分も最初はそう思って裏垢を作ったんですが、
私に取っての最大脅威は遠いネット民じゃなくて、
頭の中空っぽトラブルメーカー旦那の方ですから。
何でこの人物がヤバいのかは、昔のBlog読んで貰うとして、
(長過ぎて遡れない<笑)
この人といると何も無い日々の方が奇跡。
一昨年9月の最悪の交通事故により、
家族中を奈落の其処に突き落としてくれたかと思えば、
今年は会社の飲み会で急性アルコール中毒で意識を失い、
夜中に会社の人から「これから救急車呼ぶから」と、
理由は会社がケチってツマミが出てこないから、
酒ばかり飲んでいたからだそうなんだけど、
もうね。どれだけ世間様に迷惑を掛ければいいのかと、
運ばれた病院でゲロまみれの意識のない旦那を、
転落させない為自分の親父と本人を、
ベットに抑え付けていた数時間は、
「マジなんで離婚出来なかったんだろう」
「マジ救急車に通報なんてしてくれなくて良かったのに」と、
神さえも恐れないような愚痴を、心で吐きまくってましたが、
正直生きていてこれだけ色々あると、
もう世の中に怖いものなんて何も無くなる訳です。

山本太郎も腹括っているけど、私も負けじと腹括ってる。
それは自分が納得行かない人生を騙し騙し生きるより、
危険な目にあっても己を貫き通したいと、
私は前の旦那と別れる時「必ず音楽は続ける」と誓ったし、
DV系旦那と本気で戦って別れようと思ったのも、
再度音楽を作り始めてそれを世に出したかったからで、
悪魔の取り引きも、次女が高校卒業したら自分はお役御免。

幼い頃は自分の父親の事を「仲間外れでかわいそう」と
小さな胸を痛めていた次女も色々勝手を知って、
「早く死んでくれ」「息を吸うのも辛い」と、
まあそれは彼が脅威のファブリーズ野郎だからなんですが、
(ファブリーズは例え実際は、香料混ざりまくりのスメハラくん)
私が「いい人いたら再婚するかもよ」と言っても、
「そりゃそうでしょ、当たり前にOK」って言ってるし、
元々上の子二人とは、会話する事が全く無いレベルだから、
後残っている問題は、この家の権利&ローンかと。

IMG_20191102_120954.jpg

これを返済する為に音楽をやって来たようなもんだけど、
今日現在残高「17.546.799円」
金持ちにはなんて事無い数字でしょうが、
この家に取っては、如何ともし難いような住宅ローン。
(最終返済日は平成44年3月、後13年<泣)

皆様は結婚相手は婚前によ~く観察を。
それから住宅ローン組む際には無理のない返済計画をと、
こんな日本経済が不透明な先行きで、
ローン組むのはどうかとも思うし(長男が建築関係なのに言う)
頼みのタワマンも台風冠水でケチが付いてしまって、
つくづくアヴェ令和元年は酷い時代の幕開けでしたねと、
お互い最後まで戦い続けましょうね、初代教育勅語隊長!
では無かった、元安倍友籠池さん!!(笑)